Logo

ダイアフラムポンプの原理

ダイアフラムポンプの原理はコネクティングロッドの往復運動によりダイアフラムを上下させてポンプを駆動させます。
上へ向かうストロークの際に溶媒ガスを排気側のバルブから吐出します。

ダイアフラムは駆動する機工部分から密閉され、ガスの移送、吸引や加圧をオイルを全く使わずに行います。

KNF Pump - function